1. home
  2. 風俗情報・体験談
  3. 高校の時の先輩の母親に誘われて童貞卒業

当サイトは18禁成人向けのアダルトサイトです。未成年の方はご退出お願いします。

高校の時の先輩の母親に誘われて童貞卒業

今でも肉体関係を持っている高校の時の先輩の母親の話だ。キッカケは先輩の家出学園祭の打ち上げをした時だった。当時私が行っていた高校は進学校で校則が厳しい学校だったが、絶対に外に出ないという約束で先輩の家で打ち上げが行われた。先輩の家は相当な広さの客間があり、内緒でお酒を飲んでいた。深夜を超えたあたりから酔いつぶれてきて、それぞれが床に寝たりベッドがある部屋に移動していた。私もそろそろ寝ようかと思っていた時に先輩の母親が一緒に飲まない?と話しかけてきた。少しだけ付き合うとトロンとした目で私を見つめてきていきなりのディープキス。完全に理性が吹っ飛んだ私は、母親にもう一度キスをした。

私には付き合っていた彼女がいて、それから先をどうしようか悩んでいたが芸能人並みに美しい熟女を目の前にして我慢できるわけもなく胸元に手を入れていた。たっぷりと量感のある乳房の柔らかさを確かめるように揉みしだき乳首を転がすと超えにならない呻き声をあげて感じる彼女。そのままパンティを脱がし、彼女の股の間に身体を預けると、本当に自然な感じで性器同士が触れ合い、何もしていないのにぬるっと粘膜に包まれた感じがした。そのまま腰を前後に動かすとキュッと閉まる膣内の気持ち良さに堪らず、私の精子が彼女の体内の奥深くまで飲み込まれていった。「中はダメなのに…」とムスっとする彼女がとても可愛らしく見えそのまま二回戦に突入。それ以来、私が高校を卒業して大学生になっても関係は続き、社会人になった今でも週に一度は彼女と濃厚なセックスを楽しんでいます。

その他の記事

Copyright ©エッチなコラムから風俗情報まで紹介 シカゴウィッグ All Rights Reserved.